スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2013の投稿を表示しています

心に残るもの

自転車で走行中に狐の嫁入りに会いましたが、写真には写りませんでした。

翌日、神戸のアートビレッジセンターで行われたzousan records企画『シアターライブvol.2』で憧れのHARCOさんの歌を聞きました。気さくにお話もしてくださって、幸せな時間でした。今思えば、もっとお話したいことがあったのですが、その時は緊張していて、頭の中が真っ白でした。
一つお知らせです。 キーボードのもすさん、5月14日のシャングリラで一回離れます。また合流できればと思います。もすさんファンはお見逃しなく。 2013/5/14(火)梅田シャングリラ(key:もす bass:こむかいちから) 「ペーパームーン」 わたなべよしくに / dracaena / 南努 / 今西淳 / 山下かりん 開場18:00/開演18:30 前売¥2000/当日¥2500 (1drink¥500別) チケット予約: yoshi.kuni.wata.nabe@gmail.com

その後のライブも決まってきています。ミラクルな新メンバーも決まっています。追ってお知らせ致します。

オトウサンノタマシイダッシュツダイセイコウ7周年記念姉と二人でナン食べ放題祭り

日曜日には京都の大谷さんに行きました。
 お線香の匂いが大好きなので、お寺に行くのも大好きです。
 小さい頃から近所のお寺のお庭で遊んでいたのも、親しみを感じている理由の一つかもしれません。
 小学校の集団登校の集合場所が家から近くのお寺でした。食パンを持って行って池の鯉をおびきよせてタッチしたり、お墓でかくれんぼしたり、氷の張った池の氷に乗って氷が割れて泣きながら帰宅したりしていました。

 さてお経を読んでもらいます。三人のお坊さんの声が重なります。本当に心地よい時間なのですが、いろいろなところから来られている方々と一緒にお経を読んでもらっているので、ずっとおしゃべりしている方々もおられます。まあ、それはそれで、フランクで良いのかもしれませんが、僕はしーんとした中で聞きたかったです。
 そこからバスに乗って四条河原町へ。いつか、家族4人で行ったインド料理屋さんを探しました。姉も僕もうっすらとした記憶で、寺町か新京極の角らへんということくらいしか覚えていませんでしたがすぐに見つかりお昼にしました。カレーもスープも全部おいしくて、ナンもおかわりし放題。お腹がはちきれるくらい食べました。食後のヨーグルトも濃くて美味しかったです。

 姉と別れ出町柳へ。なんとなくの記憶で、駅から近かったはずだと歩いてみるとなんなく見つかりました。かぜのねさん。
コーヒーを頂いて休憩してお店を出ると精華大の後輩と久しぶりに再開。軽く挨拶をして別れる。

 なんとなくで目的の場所が見つかる、なんとなく土地勘のある場所です。今度は、ゆっくり、もう少し北の方まで足を伸ばしたい思って、京阪電車で帰宅しました。

冷蔵でももうあぶないなという感じの果物は、ジャムにすれば保存できると知りました。
 砂糖と熱で圧縮して長持ちするようにできます。
 僕は僕の記憶を圧縮せず全部持っていこうとした結果、記憶がよく飛びます。
 それでも刺激を受ければしゅっと信号が繋がって記憶のない期間のことも思い出せます。


 えんどうの棚に諸先輩方が蔦を這わす為のネットをかけてくださいました。
 朝からの強い風が止んだ暖かい午後のことでした。
 書類を提出したりもらいにいったりして帰ってくると、5,6名の方がひなたぼっこしておられました。植物に詳しい2名の方がネットを設置していて、周りの方々もそれを見ておられました。
 ビルのオーナーが自転車で何処かに出ていかれたと思うとすぐに帰って来られました。手にはアイスクリームをたくさん持っておられました。
 みんなで椅子に腰掛け、柔らかい冗談を言いながら食べました。陽光の中に、笑い声とアゲハ蝶が舞っていました。


 あの山の、あのトンネルに、去年の雛は帰って来ているでしょうか。毎日ギターを弾いて歌を歌っていた人間のことを覚えているでしょうか。
 日本では冬と呼ばれる寒い季節の間にいた遠い暖かい場所にも、歌を歌う人間がいて、僕がその人を思うように、きっとその人も燕を見て僕を思う。その人の歌を僕は歌う。僕の歌をその人も歌う。燕が教えてくれる歌を。

ピクニック

自転車の模様がZAZEN BOYSの2ndのジャケットに似ているのでそれにちなんだ名前をつけようと思ったのですが、良いのが思いつかず、「禁煙パイポ」という名前にしました。「パイポさん」と呼んでいます。 パイポさんは楽しいです。各部、メンテナンスをする楽しみもありますし、なんといってもママチャリさんに比べて速いです。ママチャリさんは処分しました。
そして4月14日日曜日、僕はパイポさんにしっかり注油して出発しました。 西成から尼崎まで1時間くらいでした。 晴天の46号線を行きました。何本も川を越えてい行きました。 大きな公園について、ゾウさんレコーズの皆様とピクニックをしました。

焼きたてのワカサギはすこぶる美味でした。

おろしわたなべ

外の階段を掃除するときに気を付けなければいけないのが、間合いである。
やっほい!天気いい!掃除楽しい!!と調子に乗ってデッキブラシをごしごしやっていると、ギザギザの壁で手の甲をすりおろすことになる。

9階の水道にホースのロールを繋ぐ。ホースのリーチが上下1階分なので、9階に設置すれば10階、9階、8階に届く。次に6階に繋ぎ7階6階5階を掃除する。それで1時間半くらいかかる。続きは翌日にする。
ホコリやゴミにとって僕は死神である。容赦しない。ホースで水を撒き、ゴム長を履いてデッキブラシを手にした僕が、洗いと清掃の神である。
今回は手の甲をすりおろすこともなく、

「、、間合いは、見切った」

などと調子に乗ったところでじゅりっっ。

10階建てなので、夜景も綺麗です。




えんどうさんが発芽しました。
もうおいしそうです。

陽が当たれば暖かいのですが、風が少しつよくて冷たい日です。



毎朝の水やりの時間が好きです。
師曰く「水やり三年」とのことで、それぞれに適した量のお水をあげなければいけません。
昨年の10月にぼくが来た時は、いつも鉢植えがからからでしたので、少し多めにやる癖がついてしまっていて、あげすぎに気をつけています。


植木のかたちがFRED PERRYのロゴみたいになっていて、一枚一枚の葉が反射する光があっちに反射してこっちで反射してちょうど輪の中心に集まっていいものが見えていたのですが写真には写せませんでしたしFRED PERRYのロゴにも似ていなかったのでぼくの気のせいだったのかもしれません。

塩と湯

市内に越して来たのが去年の5月だっただろうか。今が4月なので11ヶ月間、我が家には塩がなかった。自炊もしていたのだが、塩という概念が無かった。無塩の生活だった。

そして、ついに私は塩を手に入れた。この部屋に越して来てからずっと気になっていたカーペットの汚れに対する当面の方針も立った。



湯だ。熱湯だ。湯はすごい。湯こそ清掃の神だ。どんどん汚れが落ちていく。ずっとやりたかったけど、ずっとできないでいた。 見たいライブがあっても、お金も無いし、時間も無いし、仮に無料だったとしても、ライブハウスに足を運ぶに十分な体力が無かった。

「ニコラス」2013/4/7 梅田ハードレイン

でもでもでも、もう、見に行けます。感動出来ます。掃除できます。塩茹でできます。

さいきん

ほんで、ゴミ捨て場に木ポイする人がおって、それ見つけて自転車の前かごに積んでもって帰ってくる人がおって、それに水やる人がおって、新しく出た芽を見る目があって。


カブパクられたときに、カブはぼくのことをどこでも連れていってくれたから、それがなくなってどこにもいけへんような気になってもうどっかいこうおもた。けど、新しい自転車もらった。これでどこでもいけるから僕はまだここにいることにした。



3月31日にPVの撮影してきた。完成したら、見たい。