スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

9月, 2013の投稿を表示しています

足湯

水道水をペットボトルにいれて、サービスエリアごとに給水していた僕を見かねたこむさんがアイスコーヒーを買ってくれました。うれしかったです。


山口県湯田温泉に到着。無料の足湯が数箇所あるとの事だったので足湯巡りをしました。


一番のお気に入りはここです。とても好きになったので僕だけリハーサル前、後と2回いきました。

そしてオルガンズメロディさんで本番。素晴らしい出演者さんばかりで時間が経つのを忘れてしまいました。

この時、実は我々、緊急事態が発生しておりまして、急遽夜行バスで帰らなければいけなくなりました。湯田温泉→大阪は20:30で終わりなので、23:30発の広島→大阪を当日予約しました。
終了予定時刻が21:00だったので、打ち上げには残念ながら参加できないですが、21:30に出発すれば間に合うだろうという計画でした。

ライブが終わって車に乗り込んだのが21:50。さあどうだ。間に合うのか。真夜中の高速道路を我々の車が進んで行きます。
「ごめんなさい。ごめんなさい。緊急事態なのです。23:30のバスに乗らないと、帰れないのです。」
と、追い抜く車に三人で謝りながら、暗い夜道を走って行きます。間に合うのか、間に合わないのか、ぎりぎりのラインです。車内にはくらみらく流編纂の「スタジオ・ジブリ集」から、爆音で「君をのせて」が流れています。車はとうとう広島市内へ。目的のバスターミナルまでもう少し!間に合うか!?どうだ?



だめでした。(0時広島バスターミナル付近にて)
結局、岡山県の岡山駅まで行き、私は在来線の始発で帰りました。


「急がばまわれ」です。車の運転にはくれぐれもお気を付けください。

おととい

おととい9月23日に行われましたふちがみとふなとさんのライブの余韻に浸っていました。
本番はもちろん、終演後の景色が忘れられません。

さて、音源「でもでもでも」が音楽配信サイトOTOTOYさんで配信開始されました。
CDはもう買わない、音楽はデータで買っているという方にはジャケットが無い分価格が少し安くなります。また、やっぱり店頭にCDを置いて頂くというのは自分の実力では難しくタワーレコードさんの大阪、東京の数店舗以外ではほとんど店頭に並んでいない状況です。
地域に関係なく知って頂く機会になればと思いますので宜しくお願い致します。

http://ototoy.jp/_/default/p/37268


9月20日、東京へ伴走型支援士2級認定講座を受講してきました。

{参加案内のPDF}
http://www.homeless-net.org/docs/130920-22boshuyoko.pdf


 前回土井玄臣さんの企画で東京に行った際に止まった宿ホテルニュー紅陽さん。http://www.newkoyo.com/japan.html
今回の東京行きが決まった瞬間に予約しました。会社のお金なので贅沢させて頂いて一泊¥2700の個室です。快適でした。

3日間まじめに勉強しました。更に知らないことが増えたという感想です。
3日目の晩。帰りの新幹線(!!)までの間、円庭鈴子さんのライブをミュージックオルグさんに見に行ってきました。9月15日のりんご音楽祭の後夜祭で初めて見て好きになりました。疲れていた身体に染み込みました。

http://eniwa-rinko.tumblr.com



知らなきゃいけないことがたくさんあります。 ゆっくり知っていければとおもいます。

ねぐら

1日目
お車お借りして道の駅で車中泊。


 ぐっすり眠る。雨さえ当たらなければどこでも眠れる。シュラフがあるから。


朝露に濡れるオオイヌノフグリ。空に還っていく水。
 2日目
公園で野宿。雨さえ当たらなければどこでも眠れる。葉が擦れる音。落ち葉が転がる音。


 何かの声。雫が垂れる音。ポツリ。雨の音、ザザザザザザザザザザ!!!!!


あっあかん!寝られへん!!避難!!トイレに逃げ込む。 「ごめんなさい、朝はやくには出ますので、あまやどりさせてください。トイレの神様。」 眠りについたのが午前4時。 6時起床。荷物をまとめる。


ごめんなさい。こういった行いは怒られるものです。すみません。 ぼくはくさいですね、くさくないひとにくらべると。 けどぼくこういうにおいすきなんです 移動同じ車のひともごめんなさい。くさいのはひとにめいわくですね。 ごめんなさい。


がんばって、がんばって、がんばって、次は必ず、テント持っていきます。 ありがとうございました。

アサガオ

夕方、金木犀と朝顔が手を繋いでいました。

成長が遅く、花は見れないのかなと思っていましたがついに見れました。

暑さがまた戻って来たので水やりの時間は真夏そのものですが、朝晩はもう秋の匂いがします。
9月は大阪から長野県の松本市、三重県の四日市市、山口県の湯田市、といろいろな場所で歌わせて頂きます。
各地の皆様、よろしくお願い申し上げます。

詩を書くことは日常の積み重ねですが、歌を歌うことは自分の心持ちとしては完全に日常とは離れています。(技術面ではやはり毎日の積み重ねですが。)いつかその溝もなくなるようになるのかもしれませんが、今はまだ歌は、歌うことはとっても特別で非日常の出来事です。歌わせて頂けるということも特別なことだと思います。その場に立たせて頂けることを光栄に思います。

詳細はHPに載せてあります。ご興味ある方はご覧ください。
http://zousanrecords.com/watanabeyoshikuni/