スキップしてメイン コンテンツに移動

『でもでもでもでも』

 滋賀県で生まれて、幼少期を過ごし、11才で大阪へ引っ越しました。19才から京都で二年間下宿生活を経験し、大阪に戻りました。大阪と言っても広く、住んでいたのは枚方という淀川の流れる京都寄りのところでした。2012年の9月に今寝泊まりさせて頂いているところに越して来ました。大阪府大阪市西成区というところです。
 僕はどこにいても、いつまでも琵琶湖の子どもです。琵琶湖へ注ぐ野洲川、それに注ぐ思い川の辺りで生まれ育ちました。たくさんの大小の川(460本!!)が琵琶湖に注ぎます。その水は疎水をくぐり鴨川へと繋がります。やがて鴨川は桂川と合流します。
  川として流れだすのは瀬田川一本のみ。瀬田川は宇治川へと名前を変え枚方の手前で桂川、木津川と合流し淀川となります。
 淀川は毛馬閘門で分岐しそのまま海へ注ぐ本流と新淀川となります。新淀川は河口まで扇状にその手のひらを広げます。その指の一本は再び木津川という名前になります。そこまで自転車でいって練習をしています。

 琵琶湖水系の一番最後のところの近くで日々を過ごしています。 ここには様々な事物が流れつき、季節の風の加減でまた次の場所へいったり、ここが物語の最後の場所になったりします。僕はそのうちのひとつです。
 わかったような言い方はダメなので正直に言いますと、何もわからないので見させて頂いています。

 2013/9/18に発売された『でもでもでも』はここへ来るまでに書いた歌でした。
 2014/9/13に発売します『でもでもでもでも』は5曲中4曲はここへ来てから書いた歌です。

 様々な流れを見させて頂いています。少しだけ、ほんの少しだけわかったこともありますがそれ以外はまだ勉強中です。
 「こんな時代だから、病気にならないほうがおかしい」とか「今電車のとなりにいる人が、昨日の夜に死のうと思っていて、もう一日だけ生きてみようと思った最後の日、とうことが当たり前にある」 とか、聞きます。
 うーん、と、思います。「でもでもでもでも」と思います。それを歌ったつもりです。


 

 それぞれ大変な人生の中でメンバーとしてバンド活動を共にし、この音源を作りあげてくれたメンバー。ゴム八さん、いくじなし☆鯖男さん、 安田莉沙さんに心から感謝しています。
 強行スケジュールを受け入れてくださったエンジニアの荻野真也さん。忙しい時期と重なってしまった中、この音源にはこれ以外無い!!と思う素晴らしいイラスト、アートワークを手がけてくださった朝野恵子さん。また、日頃からお世話になっている周りの方々。遠いけれど力をくれる人々。何もお返しできなくてちっちゃくなってしまいますが、心から感謝の意を述べさせて頂きます。ありがとうございます。

 音源『でもでもでもでも』の情報を一つのページにまとめました。
 よろしければ御覧ください。

 特設ページ

  http://zousanrecords.com/watanabeyoshikuni/demodemodemodemo/



このブログの人気の投稿

サンテントウリツ2017にいったこと

セットリスト (2017/9/17「安島サンテントウリツ」会場:酒処とっち)

1.ヒトの巣 mc 2.ライブハウスに辿り着けない
3.19 4.モジ
5.言葉よ
mc 6.8月の初め、南の夜空
en.やめるよ

昼間っから自由におにぎりパニック!

2017/10/28(土)岡山 ながいひるあの日以来の岡山県。雨が降ったり止んだり。終演後移動、高速のPAで早めの就寝、ペラッペラの鉄板を叩く雨音が寝かしてくれなかった。スネアの中にいるみたいだった。
2017/10/29(日)広島 本と自由
生まれて始めてこんな大人の人になりたいという人に出会った。

2017/11/19(日)心斎橋歌う魚
おにぎりvol.4
人生初のリッツパーティーに参加させて頂いた。アボカドをディップさせて頂いた。

2017/11/25(土)京都GROWLYビル企画屋UTAGE pre.「パニックバカンス2017
広島に呼んで下さったドッグフード買い太郎さんを見に行ったら内側から鍵がかかってて入れなかった。爆笑した。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 10000人に1人のいいねに出会うために良くて9999人からのファクオフに会いに行きます。いつでもどこでも呼んで頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。
yoshi.kuni.wata.nabe@gmail.com


やまぐちけんにいったこと

金曜の夜仕事が終わって、スタジオに入り帰宅後即シャワーを浴びて出発。

往路・少し移動→仮眠→少し移動→仮眠→少し移動
復路・一気に移動

と試してみた。往路のシステムは多少楽だったとように思いますが総ダメージ数は変わりないので死にました。

ステージングは相変わらず雑魚ですが、終演後高級魚を頂き大変満足致しました。

さらには熊本から来られた方が主催者さんへ晩白柚の差し入れ。そのおこぼれを頂きました。
ありがたいご縁により幼少の頃から晩白柚を食べて育ちましたが最近は長らく口にしておりませんでしたのでその甘さ、程よい苦み、それによって浮かぶ思い出もまた美味でした。

2018/3/3 クラムラッツ企画 「うたうと変わる」 そのご縁に心から感謝しております。
写真は主催のクラムラッツのお三方。

最後に、毎回思っていたのですが山口はガソリンが安い気がします。
大阪で入れた時149円/lだったのが、山口では127/lでした。
大阪の皆様、是非山口県にガソリンを給油しに行きましょう。