スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2013の投稿を表示しています

学習B 〔三〕 自然に対する著者の考え方や接し方には、どのような特色がうかがえるか。この文章全体を通してまとめてみよう。

外の鉢植えに生えていたなにかを切ってきて瓶に挿していたらなんかものすごく成長してきて窓に収まらなくなりました。


 高校一年生の時、入学したての僕達の最初の国語の教材は池澤夏樹さんのエッセイ「春のカモシカ」でした。これは『むくどり通信』というエッセイ集に納められています。先日、ツアーの最後の日に札幌のブックオフで購入しました。

 「春のカモシカ」が『むくどり通信』に納められていることは知っていたのですが中古で文庫本を見つけることができませんでした。池澤夏樹さんは大学を卒業したくらいに集中的に読みました。たぶん、それくらいの頃に、何か、池澤夏樹さんに関する本を読んで、高校の国語の最初の授業の「春のカモシカ」の作者と、衝撃を受けた「夏の朝の成層圏」の作者が同じであると知ったのだと思います。  「春のカモシカ」を読むと国語の先生の声が聞こえて来ます。年中裸足にスリッパを履いて、白い髪に白い髭、背は低くて身体はがっちり、怒ると恐いけど普段は優しい、声の大きな先生でした。北海道に転勤されたと聞いています。池澤夏樹さんのお生まれも北海道。『むくどり通信』を購入できたのも北海道。  教科書と文庫本の違いもとてもよかったです。教科書は字が大きくてたまに深呼吸でもしながらゆっくり読みたくなりました。今は国語の授業みたいに一つの作品とゆっくり時間をかけて向き合うことがほとんど無くなってしまいました。文庫本は気を付けないと早く読んでしまいます。終わらないで欲しいのだけど、もっといっぱい読みたいからペースが落ちません。あとは挿入されている写真。教科書には、もっふもふのかわいいカモシカの、文章にぴったりな写真が添えられています。
 教科書の作者の紹介の後の「学習」というページには文章を読むことに関する基本的な事柄を理解する為の質問や、「すみません、それを答えるにはあと80年ください」というものまであって、あの時、僕はなんて答えたのだろうと思いましたがノートは保存していませんでした。
 東京書籍『新編国語Ⅰ』に納められている「春のカモシカ」と、朝日文芸文庫『むくどり通信』に納められている「春のカモシカ」をいつか読み比べたいと思っていてそのことを頭の片隅に置きながら生活して数年が経ちました。そして今になってやっと破片と破片がぴったり揃いました。この喜びを味わうには今回の場合ずっと『新編国語Ⅰ…

忘れ物を取りに行くツアーおしまい

忘れ物を取りに行くツアー2013 2013/8/19(月)梅田ハードレイン「りんご音楽祭大前夜祭」 2013/8/21(水)梅田ハードレイン 2013/8/22(木)塚本エレバティ 2013/8/24(土)新今宮EARHT「でもでもでも!vol.1」 2013/9/10(火)扇町パラダイス 2013/9/14(土)長野県松本市長野県松本市アルプス公園「りんご音楽祭」 2013/9/16(月)三重県四日市市ドレミファといろは 2013/9/23(月)新今宮EARTH「でもでもでも!vol.2」 2013/9/28(土)山口県湯田市Organ's melody 2013/10/4(金)西院ウーララ 2013/10/12(土)梅田ハードレイン 2013/11/2(土)タワーレコード新宿店ミニライブ 2013/11/9(土)梅田ムジカジャポニカ「でもでもでも」レコ発 2013/11/30(土)札幌SOUNDCRUE
上記以外にもたくさんライブをさせて頂きました。楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうものです。駆け抜けた数ヶ月間、見てくださった方、共演させて頂いた方々、ライブをさせて頂くにあたり連絡させて頂いた方々、あたまのどこかで気にしてくださった方々、本当にありがとうございました。
最終日札幌SOUNDCRUEさん。 ライブ後、共演のcolor chordさんのベースボーカルのゆいさんがおいしいジンギスカン屋さんに連れていってくださいました。それはもう格別でした。 又、僕は甲殻類アレルギーで、カニ、エビに加え生魚も食べると喉が痒くなってしまうのですが、リハーサル前に行った回転すし屋さんでは、生魚を食べても喉が痒くなりませんでした。
そして翌日はキッチンファームヤード札幌さんに行きました。5年前、一度連れてきて頂いたのですが、その時は時間が遅くて間に合わなかったのです。5年越しの夢が叶いました。スープカレー、めっちゃめっちゃおいしかったです。幸せでした。
店内で写真を撮る勇気が無くてすみません。ぼくがおいしいとおもった、おいしいジンギスカン屋さんはだるまさんで、おいしいスープカレー屋さんはキッチンファームヤード札幌さんです。
キッチンファムヤードさんのお店の前で少しだけ雪遊びもしました。
 (左サイドスロー) (浮いてる)
 (キャッチ雪)  (嫌がるこむさんに…

伴走型支援士2級

夏にシクラメンの鉢の植え替えをしました。お水をしっかり飲んで太陽をいっぱい浴びて葉っぱをたくさんつけました。そしてかわいいつぼみをつけました。

夏に資格試験を受講しました。3日間しっかり着席していました。そして伴走型支援士2級を取得致しました。
伴走型支援士2級取得講座募集要項へのリンクです。
無銭ですのでお祝いの乾杯はおあずけですが、うれしいです。もっと勉強したいです。 しかし、散髪するか、我慢して食費に回すかとか毎日お金のことしか考えていません。某システムの流れ弾の賞味期限切れのパンで食いつないでいます。関わらせていただいているたくさんの方々に伴走してもらって支援してもらって生きています。ありがとうございます。

19 feat.かたやまみき Free Ver

SOUNDCLOUDにて「19 feat.かたやまみき Free Ver」を公開しました。もし気に入っていただける方がおられましたらMP3にてダウンロードも可能です。もちろん、無料です。

トラック:坂井亮介
ゲストボーカル:かたやまみき


歌詞

スパイクは乾いてた ユニホームもちゃんと乾いてた 
ソックスの汚れも落ちてたけど すねあて洗うの忘れてた
自転車のサドルが熱かった TSUTAYAの交差点で待ち合わせ
夏草の匂いが濃くなっていく 河川敷のグランドへ

ユニホームお風呂場で 洗いながら思ってた
どおせ明日も出れないんだし 洗ったって意味ないのかも
試合が早く終わったら ダッシュで帰ってバス釣りに行こう
新しいルアーも試したい いっちゃんとたけしを誘って行こう


いっちゃんはセンターフォアードで先発 いい形でボールが持てないまま
後半も残すとこあと10分 0-1で僕たちが負けてる
無風の炎天下の昼過ぎ 日射病でたけしの調子が落ちた
今日もアップで終わると思ってた 僕の名前が呼ばれるなんて

ノーマークの背番号が 左サイドを駆け上がっていく
オフサイドぎりぎりで出されたボール ワンタッチで世界を変える
ノーマークの感情が 左サイドを駆け上がっていく
オフサイドぎりぎりで出されたボール 忘れ物を取りにいく


センターバックのかずひさ君が読み抜いて相手のボールを奪う
その瞬間に相手の視界の中から一度完全に消える背番号
ハーフのさきちゃんがボールを持ってる
気付いているけどまだ出さない 膨れ上がった夏草の上を飛ぶスズメバチの羽音が聞こえる

誰もいなくなった放課後の校庭 到底諦めきれなかった少年
穴の開いたスパイクで走った 思い描いた光景の方へ
消えかけたハーフラインを超えて 囮で取り囲まれてるいっちゃん
姿勢を崩してのラストパス 完璧なノールックのスルーパス


ノーマークの背番号が 左サイドを駆け上がっていく
オフサイドぎりぎりで出されたボール ワンタッチで世界を変える
ノーマークの感情が 左サイドを駆け上がっていく
オフサイドぎりぎりで出されたボール 忘れ物を取りにいく


(黒いスパイクの甲の方が 太陽光を集めて熱いな)


角度の無いゴールライン際 狙うのはキーパーの足の隙間
足首を削ってくるディフェンダーを迎えて 振りぬいた左足のシュートは無回転
トップスピードで二人とも慣性の法則に身を投げた
巻き立つ砂埃の中に 重力の神様が見えたんだ


ノーマ…

かけがえのないもの

僕がきたときほぼサラピンで、サラピンの道具が嬉しいって思ったこと覚えてます。 けどほぼ毎日使うからもうハゲ散らかしてしまっておりましたので、買って頂いたのです。新しいの。
 アスクルで1200円くらいしたのですが、頭を取り替えることができるんです。取り替え用の頭は多分480円くらいやったと思います。


2013/11/9(土)梅田ムジカジャポニカ
ZOUSAN RECORDS企画『わたなべよしくに「でもでもでも」リリース記念"忘れ物を取りにいく"ツアー』
お越しくださった皆様、気にしてくださった方々、出演者様、会場を提供してくださったムジカジャポニカ様、本当にありがとうございました。
引き続き、小さなうんこをぱくぱくと頑張っていく所存であります。宜しくお願い致します。

いつだって居場所なんてありません。でも公園には居てもいいと僕は思っていますので居させていただきました。

あいろみりかさん。@airomirika 
土井玄臣さん。@ketsumikonokami 
dracaenaさん。@dracaena1980

本当に、本当に、ありがとうございました。今回ご出演頂くに当たり連絡を取らせて頂いた連絡先に改めてまた気持ち悪いメールを送りつけさせていただきます。

ライブはいつも失うばかりだと思っておりましたが今回の企画を通してかけがえのないものを手に入れました。
かけがえのないもの1,クッキー
 かけがえのないもの2,ワッフル
かけがえのないもの3,ハッピターン
かけがえのないもの4,出汁
 かけがえのないもの5,あのあれ
これらをすべて僕は僕という個体を維持する為に食べさせていただきます。 ありがとうございました!!



翡翠 KACD-R ver

翡翠 KACD-R ver

お寺の鐘をつきに行きましょう ピンクの象がくれる甘酒 松の葉を丸めて輪っかを作ってできるだけ新しい蜘蛛の巣を掬って 龍の口から出る水をそっと破らないようにくぐらせれば 透明なレンズの出来上がり 覗きこむもう大人だけど未だに 
カワセミ村の思い川 エメラルドグリーンに光るから つまらなそうに俯いた僕もいつかは笑って見せるから 水深3メートルの川底に沈んだまんまの落ち葉も 次の増水をきっかけに 流れだし地球に還る旅に出る
覗きこむあまり襲ってくる眩暈 現実の水たまりに気づかない 用水路で育つブルーギル 迷いこんできたアユと泳いでる 何度もはまった窪み あれマンモスの足あとの化石なんだって お腹が空いたら椎の実を食べる ほら今汽水域でボラが跳ねる カワセミ村の思い川 エメラルドグリーンに光るまま 夕暮れ橋の肩車 振り返らずに何度も名前を変えて 賑やかな港で混ざり合って大きい船に驚いたり ずっと前から知ってたやり方で 南の海で空に登るんだ
山の向こうが光った次の朝 一斉に羽虫が卵から孵る 測ったように森の木々が揺れ 何も無かったかのように北の方に流されていったんだ
お寺の鐘をつきに行きましょう ピンクの象がくれる甘酒 松の葉を丸めて輪っかを作ってできるだけ新しい蜘蛛の巣を掬って 龍の口から出る水をそっと破らないようにくぐらせれば 透明なレンズの出来上がり 覗きこむもう大人だけど未だに

お金

到着後まずはお昼寝しようと公園を探します。新宿御苑というところに行って見たのですがどうも入れない様子。ぐるーっと回っていったところに国立競技場がありましてそこの公園に決めました。

 ひと眠りして少し練習です。まともに寝てないので声がカピカピでした。申し訳ありませんでした。

そしてタワーレコード新宿店さんに移動。歩いてだいたい1時間くらいでつきました。
無事にライブを終えるとなんと尊敬する竹内さん(http://wilsonicjournal.blogspot.jp)が見に来てくださっていてお話しさせて頂きました。どきどきしました。
そして大学の同級生も来てくださいました。同じゼミの方で、今も演劇を続けておられるとのこと。みんな辞めていってしまう中で嬉しい再会でした。前回東京にライブで来た時に見てくださった方や、神戸からはるばる応援に駆けつけてくださった方、たまたま居合わせて聴いてくださった方々、本当にありがとうございました。



さあ夜です。

お昼に見つけておいた場所に戻ります。
結果は圧勝でした。本当に久々に爆睡しました。


 目覚めると木漏れ日です。


 こんな感じで寝てました。


圧勝の理由はこちら。ダウンジャケットとカッパのズボン。パッチも履いていました。

結局お金でしか身を守ることができずそれで圧勝とかぬかしくさって全くもっておめでたい脳みそですね。めでたい事はいいことですね。もっとマンモスみたいに皮下脂肪を蓄えて寒さに対応した体毛を獲得する等の順応が数時間でできるようになりたいです。

植え込みの影

松本の街の植え込みが笹で、その横に小川が流れるようになっているのが綺麗でした。




入り時間まで少し余裕がありましたので銭湯に行ってきました。「塩井の湯」さん。 とてもとてもとても好きな銭湯でした。もしまたいつか松本に行く機会があれば必ず行くことに決めました。
やがて日も暮れて気温もぐっと下がってライブ。
padgeさんがかっこ良くて無料のCDもらって来ちゃいました。音源もかっこいいです。 そしてそしてgnkosaiBANDさん。最高です。よだれ出ました。 本当にありがとうございました!

よし、寝るぞ。と、公園の植え込みの影に身を潜めます。 「シュラフ、温い、幸せ。」 そう思えたのは一瞬で地面がどんどん体温を奪っていきます。 シュラフも夏用のちゃちなものです。 「ぎぎぎぎぎ銀マット、銀マット。」 持ちきれないからと部屋にお留守番させている銀マットの名前を呼びますが、銀マットは来てくれません。 ちょっと眠りに落ち、寒い寒いと起きだして丸くなり、眠ったか眠ってないかでまた身体を丸めてみます。 朝4:30、我慢できず起きだしコンビニで立ち読み。移動の間もぷるぷるしていました。 6:30、バスに乗り込み帰阪。
今回の敗戦を胸に、東京では凍えないように、ちゃんと野宿の準備をしていきたいと思います。
凍えながらやっぱりこの歌が頭のなかで流れていてそんな状況でも「夜空と陸との間に潜り込んで」という言語感覚すごいと思っていました。

ピザ(サラミ無し)

練習場所が冷え込んできました。まだやっぱりシーバス釣りの方々がおられるのでできるだけ邪魔しないようにしています。

10/19(土)は塚本エレバティさんで中原ねこさん企画「言葉から始まる」というイベントに出演させて頂きました。
舞台に立てるって、嬉しい事です。
お米さん、お帰りなさい。

10/20(日)は西院ウーララさんで 「WHAT A YOUNG!?」という企画に出演させて頂きました。and young…さんには元気をもらい、さらにビールまで頂きました。ありがとうございました。星の王子さまたちさんの「星の王子さまたちのテーマ」という曲が好きです。

地下鉄を降りて地上に出たときにピザ(サラミ無し)を見つけました。
やったっ!!て持って帰ってチンして食べました。おいしかったです。

「燕」カセットテープver

ツアーから帰ってきて2週間。何をしていたかと申しますと自宅の自室に引きこもりゴミ箱をたたいたり、コップをたたいたり、髪の毛を引きむしったりしていました。
そうしてできましたのが上の「燕」カセットテープverです。
2013/11/2のタワーレコード新宿店さんでのミニライブで配る特典CD-Rに収録します。どうかもらってやってください。

TOWER RECORDS ONLINE

いまぼくは大阪という街にいて目の前のことに精一杯で周りの方々にご迷惑をおかけしながら過ごしています。視界が狭く、いつも、しけもくは落ちていないかと下を向いて歩いています。
そんな時、少し、渡りをする生き物のことを考えます。
今頃はどこにいるのかな。旅の途中に立ち寄る葦原は今年もまだあるのかな。また次の年も帰ってきてくれるかな。
そして、5000キロ先の人々のことを考えます。きっと向こうでも帰ってきた燕を見てちょっと仕事の手を休める方もおられるでしょう。「お帰り」と小さな声でつぶやいて。

そんな想像が、少し気持ちを楽にしてくれることもあります。




足湯

水道水をペットボトルにいれて、サービスエリアごとに給水していた僕を見かねたこむさんがアイスコーヒーを買ってくれました。うれしかったです。


山口県湯田温泉に到着。無料の足湯が数箇所あるとの事だったので足湯巡りをしました。


一番のお気に入りはここです。とても好きになったので僕だけリハーサル前、後と2回いきました。

そしてオルガンズメロディさんで本番。素晴らしい出演者さんばかりで時間が経つのを忘れてしまいました。

この時、実は我々、緊急事態が発生しておりまして、急遽夜行バスで帰らなければいけなくなりました。湯田温泉→大阪は20:30で終わりなので、23:30発の広島→大阪を当日予約しました。
終了予定時刻が21:00だったので、打ち上げには残念ながら参加できないですが、21:30に出発すれば間に合うだろうという計画でした。

ライブが終わって車に乗り込んだのが21:50。さあどうだ。間に合うのか。真夜中の高速道路を我々の車が進んで行きます。
「ごめんなさい。ごめんなさい。緊急事態なのです。23:30のバスに乗らないと、帰れないのです。」
と、追い抜く車に三人で謝りながら、暗い夜道を走って行きます。間に合うのか、間に合わないのか、ぎりぎりのラインです。車内にはくらみらく流編纂の「スタジオ・ジブリ集」から、爆音で「君をのせて」が流れています。車はとうとう広島市内へ。目的のバスターミナルまでもう少し!間に合うか!?どうだ?



だめでした。(0時広島バスターミナル付近にて)
結局、岡山県の岡山駅まで行き、私は在来線の始発で帰りました。


「急がばまわれ」です。車の運転にはくれぐれもお気を付けください。

おととい

おととい9月23日に行われましたふちがみとふなとさんのライブの余韻に浸っていました。
本番はもちろん、終演後の景色が忘れられません。

さて、音源「でもでもでも」が音楽配信サイトOTOTOYさんで配信開始されました。
CDはもう買わない、音楽はデータで買っているという方にはジャケットが無い分価格が少し安くなります。また、やっぱり店頭にCDを置いて頂くというのは自分の実力では難しくタワーレコードさんの大阪、東京の数店舗以外ではほとんど店頭に並んでいない状況です。
地域に関係なく知って頂く機会になればと思いますので宜しくお願い致します。

http://ototoy.jp/_/default/p/37268


9月20日、東京へ伴走型支援士2級認定講座を受講してきました。

{参加案内のPDF}
http://www.homeless-net.org/docs/130920-22boshuyoko.pdf


 前回土井玄臣さんの企画で東京に行った際に止まった宿ホテルニュー紅陽さん。http://www.newkoyo.com/japan.html
今回の東京行きが決まった瞬間に予約しました。会社のお金なので贅沢させて頂いて一泊¥2700の個室です。快適でした。

3日間まじめに勉強しました。更に知らないことが増えたという感想です。
3日目の晩。帰りの新幹線(!!)までの間、円庭鈴子さんのライブをミュージックオルグさんに見に行ってきました。9月15日のりんご音楽祭の後夜祭で初めて見て好きになりました。疲れていた身体に染み込みました。

http://eniwa-rinko.tumblr.com



知らなきゃいけないことがたくさんあります。 ゆっくり知っていければとおもいます。

ねぐら

1日目
お車お借りして道の駅で車中泊。


 ぐっすり眠る。雨さえ当たらなければどこでも眠れる。シュラフがあるから。


朝露に濡れるオオイヌノフグリ。空に還っていく水。
 2日目
公園で野宿。雨さえ当たらなければどこでも眠れる。葉が擦れる音。落ち葉が転がる音。


 何かの声。雫が垂れる音。ポツリ。雨の音、ザザザザザザザザザザ!!!!!


あっあかん!寝られへん!!避難!!トイレに逃げ込む。 「ごめんなさい、朝はやくには出ますので、あまやどりさせてください。トイレの神様。」 眠りについたのが午前4時。 6時起床。荷物をまとめる。


ごめんなさい。こういった行いは怒られるものです。すみません。 ぼくはくさいですね、くさくないひとにくらべると。 けどぼくこういうにおいすきなんです 移動同じ車のひともごめんなさい。くさいのはひとにめいわくですね。 ごめんなさい。


がんばって、がんばって、がんばって、次は必ず、テント持っていきます。 ありがとうございました。

アサガオ

夕方、金木犀と朝顔が手を繋いでいました。

成長が遅く、花は見れないのかなと思っていましたがついに見れました。

暑さがまた戻って来たので水やりの時間は真夏そのものですが、朝晩はもう秋の匂いがします。
9月は大阪から長野県の松本市、三重県の四日市市、山口県の湯田市、といろいろな場所で歌わせて頂きます。
各地の皆様、よろしくお願い申し上げます。

詩を書くことは日常の積み重ねですが、歌を歌うことは自分の心持ちとしては完全に日常とは離れています。(技術面ではやはり毎日の積み重ねですが。)いつかその溝もなくなるようになるのかもしれませんが、今はまだ歌は、歌うことはとっても特別で非日常の出来事です。歌わせて頂けるということも特別なことだと思います。その場に立たせて頂けることを光栄に思います。

詳細はHPに載せてあります。ご興味ある方はご覧ください。
http://zousanrecords.com/watanabeyoshikuni/


青くする会

それでぼくはすこしでも青くしようとおもって。

漬けて。        

 洗って。


乾かしました。


右の靴は、元から青だったのですが、靴紐が白だったので青に染めました。

上靴 ¥200(フリマ)
右の靴 ¥480
靴下 コーナンで10足セットのやつ
タオル なんかもらったやつ

ちゃんと色止めもしました。

満足です。