スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2013の投稿を表示しています

シクラメン

寒いうちにやっとかなあかんかったのですが、昨年たくさん咲いてくれたシクラメンの鉢の植え替えをしました。植え替えた直後は葉っぱもたくさん枯れてしまって、あ、やってしもた、余計なことせんかったらよかったと思ったのですが、週末の雨で新しい芽がにょむにょむ生えてきました。雨すごい偉大。



 雨の偉大さはもう凄まじく、へにょへにょやったプチトマトと大葉もこのとおりシャッキシャキです。


 鉢植えの足元に植えてくださっていたのはアサガオでした。うまいこと蔓を誘導してあげてフェンスまで届けばと思います。

 梅雨が好きです。梅雨のむこうにある季節はもっと好きです。

うどん

今朝、水を撒く前にゴミを集めていて気がついたのですが、2鉢、なくなっていました。持って帰りたくなるほど綺麗だったのかと誇らしげな気持ちです。


  いつの間にか無くなるのと同時にいつの間にかありました。バラ。

 と、これと。



 徒歩で天王寺動物園に行ってきました。

 晩御飯は「バーモントカレー」という文字を頭に思い浮かべながらうどんに醤油かけて食べてます。



アルストロメリア

「そのお花の名前はアルストロメリアというのですよ」と、教えてくださいました。
すらっとしたお花にぴったりのすらっとした名前だと思いました。
アルストロメリアは11月14日の誕生花だそうです。
  梅雨入りしたとのことだったのですがなかなかまとまった雨が降らないので一日2回、朝晩の水やりが楽しいです。
  先日までエンドウが植えられていたプランターに新しく、トマト、大葉を植えてくださいました。植え替えたばかりでかなり元気が無いので根っこが定着するまで心配です。このプランターには大きなミミズや小さな虫とかいっぱいいて、ほくほくした土になっているのですが、それが今回のトマト、大葉に合った土なのか、不安です。
  また別の鉢には枝豆を植えてくださいました。枝豆は強いと勝手に思い込んでいるのでなにも心配していません。
アルストロメリア 花言葉「未来への憧れ」 11月14日の誕生花 11月14日生まれの有名人  ウィリアム3世(イングランド王)  クロード・モネ(画家)  阿藤 快(晩御飯)

モンシロチョウ

どこからともなくモンシロチョウがやってきて、植木の周りを飛び回ったり、喫茶スペースに入ってきて蛍光灯の明かりに吸い寄せられすぎて出られなくなってしまうので電気を消して外へ逃がしてやったりしていたのです。  それが3、4日続いて、いつも同じモンシロチョウが来てくれているのだと思っていたのですが、そうでは無く、日々新しく生まれたモンシロチョウがしばらく生まれたところ周辺を飛び回ってそれから飛んでいっていたのでした。  それに気がついたのはこのブロッコリー。アオムシがいっぱいで葉っぱはほとんど食べられてしまっています。昨年はクチナシがアオムシにやられたらしく、入居者の方が地道に素手で駆除してくださっていたとのことでした。  今年はブロッコリーが人柱になってくれたおかげでクチナシには虫がつかず、こんなに花が咲きました。このままブロッコリーにはかわいそうだけどモンシロチョウのごはんでいてもらおうかと思ったのですが、このブロッコリーはオーナーが持ってきてくださったものと知り、立場上放置しておくわけにはいかずに週末に農薬を散布。週明けにはアオムシは一匹もいませんでした。
 鉢植えを置く台の裏側に、私が「シシ神の森」と呼び勝手に神聖な場所と決めつけている場所があります。そこには枚方からやってきたどくだみが元気にしています。スギゴケも元気です。
 なんか生えてるなー、雑草かしら。と思って毎日水をやっていた鉢からぐんぐんと茎が伸び綺麗な花が咲きました。名前はわからないのですが、鮮やかに彩ってくれています。
、、、あ、私です。